私の人生、今までこんな感じでした♪

けっこう波乱万丈!?

かわいらしいものでなくてごめんなさい(笑)

 

1983年、神奈川県相模原市にて、第一子として生まれる。

翌年、父の実家、岡山県北部にお引越し。

 

幼稚園・・・

公立の幼稚園に入園しそびれて、私立のカトリック系の幼稚園に入園。

何かと緊張して過ごしていた記憶。

幼稚園のころ、いとこの付き添いで病院に行き、

担当医の不親切さに激怒、やさしい医者になる!と決意。(3歳)

 

 

小学校・・・

家から徒歩10分くらいの公立小学校へ。学級委員や児童会を進んでやる。

というと聞こえはいいんだけど、

たぶん人に言われて何かをやるのが好きじゃなかったんだろうな~!

 

 

中学校・・・

おなじく公立の中学に進級。

悩んだ末、親に進められた吹奏楽部に所属。

吹奏楽では有名な学校で、年中ほぼ休みなく、部活をする。

なぜか一番小柄な私が、チューバという一番大きな楽器を担当。

運動会のマーチングの末、股関節と腰を痛める。

そこで身長が止まってしまう・・・(涙)

すごくがんばっていたし、大好きな楽器だったのに、

痛みで吹くことが出来なくなり、精神的に不安定に。

ここから軽い摂食障害になる。

 

 

高校・・・

医者になりたい!という目標の元、地元の公立の進学校へ。

いざ入学したら、あまりに融通の利かない、古い体質の学校でびっくり。

色んなことが理不尽で、でも先生に言われたことをやらない選択もできず、

苦しい高校生活を送る。

 

 

一年間の交換留学へ・・・

あまりに高校生活に息が詰まってしまい、

高校2年の夏からイギリスに1年間留学。

地元の高校に通う。日本人とのコンタクト禁止。

英語が苦手だった私は非常に苦労するが、

半年ほどでどうにかコミュニケーションを取れるようになり、

イギリス人の仲のいいお友達もできる。

友達に誘ってもらい、パブやナイトクラブを楽しむ♪

 

高校へ復学・・・

1年間の留学後、9月より復学。高校2年に戻る。(一学年下に入る)

さすがに英語の点数は取れるでしょう~♪と思っていたら、

夏休み明けのテストでまさかの50点・・・

あまりのショックに猛勉強。

勉強をがんばりつつも、自分の勉強能力だけでは医学部に入れないと判断し、

英語や自主活動を評価してくれる大学に狙いを定める。

岡山市のAMDAという、発展途上国で医療活動をしている団体で

ボランティアをさせていただき、その流れで地元で高校生のボランティアグループを結成。

高校の枠を超え、100人以上のメンバーで活動をする。

地元の新聞やラジオで取り上げてもらう。

 

 

受験・・・

作戦勝ちでした(笑)医学部なのに推薦入試をしている大学を受験。

やはり点数はいまいち足りなかった気がするけど、

英語や、ボランティア活動の経緯(取り上げてもらった新聞を多数提出 笑)

を評価していただき(と思う)奇跡的に合格!!

 

 

大学入学・・・

地元を離れ、大学にて寮生活を始める。

医学部は医学部だけの部活があって、基本みんな入るんだけど、

(縦のつながりが重要なものでね)

長期の休みに拘束されることに耐え切れず、入らない。

 

他の学部の人と一緒に、大学の留学生会にて活動。

留学生の多い学校で、留学生のサポート、交流会を行う。

主にやっていたのは飲み会だけど(笑)

私の6畳+キッチンの部屋に、30人もの人が来たこともあり、

さすがに近所から苦情が来る。。

 

そんな訳で、お友達は半分以上外国人、さらに年に4回は海外へ。

といってもお金があるわけでもなく(笑)

毎日お弁当作ったりしてコツコツ貯めたお金で、

主にアジア圏にバックパッカーで行っていました。

現地にいる間は1泊300円、1食100円が相場。

(ゼロが抜けているわけではありません 笑)

何をするにしても値段交渉は欠かせない。

言葉が通じないのに、日本に居るときよりも人との距離が近く、

値段交渉も含めて人とぶつかり合う。

それが本当に快感♪

 

うつ状態へ・・・

大学3年の春、突如起きられなくなる。

詳細はこちら♪

 

うつ状態なのに、なぜか海外に行ったら調子がよくなり。

休学中も海外へ行っていました。

 

北海道へバイク旅行・・・

1年休学した翌年4月、復学しようと学校に戻ったが、やはり行けず。

色々なご縁があり、大学(関東)から北海道までバイクで1人旅に出る。

人生絶望的で、道中で事故にあって死ねるのではないかという期待と共に出発。

 

それなのに1か月半後、無事に帰ってくる。

しかも途中で、同じくバイクで一人旅中の男性(現在の夫)と知り合う。

その3か月後に婚約。

 

 

大学退学・・・

どうしても卒業したかったんだけどね・・・

できませんでした。

2年間の休学の末、大学を退学。

 

2007年 結婚・・・

大学を退学してまもなく結婚。

といっても、順風満帆ではなくて・・・

その時の私は、抗うつ剤は飲んでいるし、リストカットはしているし、

毎日のように「死にたい~」「もうだめ~」と言っていた。

そんな私と結婚しようと思ってくれてた夫は本当に尊敬!

というか、なんで結婚しようと思ってくれたのか、いまだに疑問^^;

 

 

夫の激務・・・

社会のことを何も知らずに結婚した私。

その時の夫の勤務時間が・・・

毎日のように午前3時、午前4時にタクシーで帰宅し、(午後じゃないよ!朝です)

午前8時にはまた出勤。帰ってこないこともしょっちゅう。

 

 

犬を飼う・・・

夫は居ないし、気分はふさぎ込んでいるし、

夫に内緒で(反対されたからね)犬を飼う。

この子だ~!ってワンちゃんに出会って連れて帰ってきたら、

その日が3月31日で。

日が変わって帰ってきた夫が犬を見て、

「これはエイプリルフール?」

と言っていました。それから1週間口をきいてもらえなかった^^;

 

 

2008年 お引越し、妊娠へ・・・

犬を飼ってはいけないアパートに住んでいたので、

仕方なく(って私のせいなんだけど!)お引越し。

犬を飼い始めてから、つらいながら散歩へ出かけるようになり、

しんどくてほとんど歩けなかったのに、だんだんと歩けるように。

歩くにつれて、どんどん元気になる。

引っ越した先で仲良くしていただいたご家族に小さなお子さんが居て、

子どもいいなぁ、と思い始める。

妊娠を目標に抗うつ剤をやめ、ありがたいことにまもなく妊娠。

 

2009年 第一子出産・・・

楽しい妊婦生活の集大成、出産。

だけど、その後のことをあまり考えていなかった、と出産後に気づく。

そう、出産はゴールじゃなくて、育児のスタート。

でも、意外と1人目の妊娠中ってそこまで考えられないものなんだね。

ここからは挫折感の連続。

虐待する人の気持ちがようやくわかる。

詳細はこちら♪

 

 

2010年 旭川へお引越し・・・

夫の転勤で北海道旭川市へ引っ越す。

北海道最高!北海道移住を考えだす。

マクロビ、玄米菜食、粗食がマイブーム。

頭で考えてばかり食べていた。体調最悪。

 

 

2011年 アメリカへ引っ越し・・・

夫がカリフォルニア州で大学院へ。

玄米採食から肉食に変わる。

体調良くなり、体力も気力も回復。

教会に通い、洗礼を受ける。

 

2012年 次女出産・・・

アメリカにて出産。

アメリカ人の助産師さんのサポートのもと、自宅出産。

アメリカ人の友人が食事を持ってきてくれたり、たくさんサポートしてもらう。

アメリカの育児の方が日本より楽だったな~

 

2013年 帰国、札幌へ・・・

帰りたくなかったけど、夫が卒業してしまい帰ってくる。

札幌でトモエ幼稚園という、山奥の面白い幼稚園に通う。

なんと子どもだけでなく、母親も兄弟も通うという幼稚園。

 

2014年 横浜市に引っ越し・・・

8か月の札幌生活の末、また転勤。6年前に住んでいたエリアに戻ってくる。

夫も私も首都圏がすごく苦手で、横浜に来てから苦労しました^^;

しかも引っ越しと同時に第三子の妊娠。

ここから本腰を入れて自分に向き合い始めます。

 

2014年冬 三女出産・・・

助産院で産みたかったんだけど、結局自宅出産を選ぶ。

三人目なのに、一番初産っぽかった気がする♪

 

 

現在・・・まぁいまだに毎日いろいろありますけど(笑)

いろいろある毎日から学び、楽しめるようになりました♪

でもやはり、その「いろいろ」が5年前とではすっごく変わってきましたね。

 

価値観や恐れに振り回されて、ガチガチに固まていた私ではなくなり、

自分に起こること、周りで起こることを愛をもって受け入れることができ、

自由に♪ワクワク♪をテーマに、毎日を楽しんでおります!!

 

ピックアップ記事

  1. 2019/1/14

    セッションQ&A
    こんにちは、カウンセラーのNaoです! …
  2. こんにちは、カウンセラーのNaoです。 …
  3. ☆お子さま連れの方へ☆ お子さまを連れてのセッションも…

メルマガ登録はこちらから♪

カウンセラーNaoの体験談♪

私の波乱万丈な人生を赤裸々に語ります!